ヤリ逃げ…

この前、ネットナンパで逢った子の話をします。

あるサイト『スター○ーチ』で知り合って、意気投合。
二人ともヒマしていたので、カラオケに行く約束をして、待ち合わせをしました。

時間は、19:00に駅で待ち合わせ。
二人とも、時間通りに来ていたが、ぉ互いを発見できずに、30分が経過…。
やっと会えてニヤリとしちゃぃました。笑
『可愛い…。』
雑談をしながら、近場のカラオケBOXを目指しました。

なんだかんだで20:00を過ぎていました。
そこの店は、18:00からフリータイムで翌日の6:00まで歌い放題だったので、このコースに決定!
部屋に入り、2時間程経過して、小休憩♪
彼女がトイレに行きました…

今がチャンスと思った俺は、デカンタで注文してあった烏龍茶を彼女のコップに注ぎ、睡眠薬を2個いれました。
錠剤だったからか、なかなか溶けずに焦ったけど、箸でグルグル♪
戻って来るまでには、なんとか。笑

彼女は、部屋に戻ると、二口ほど飲み、次に歌う曲探しを始めました。

それから、2時間後…。
さすがに、薬が効いたのか、睡魔と戦いながら歌ってました。
俺が、歌っている時に、ふと見ると、ついに寝ました。

心の中で『やった~』と叫んだ俺は、恐る恐る近づき、体にタッチ。
反応がありません。
とりあえず、唇を奪ってみました。笑
完全に爆睡の彼女を確認して、横に寝かせ、服をズラして、ブラのホックをハズし、乳房を堪能しました。

だんだんと乳首が固くなってきたので、スカートを捲り、下着を脱がしました。
彼女のアソコは、湿り気を帯びていました。
指で、数回なぞっていると、湿り具合が激しくなり、ピチャピチャと音をたててました。

膣内に指を挿入すると、寝返りと寝言の様な喘ぎ声をあげていました。
きっと、エッチな夢でも見ていたのでしょう。
構わずに、指を動かしグチョグチョになって、準備万端のオマンコに息子を挿入してあげました。
起こさない様に、ゆっくりと…。

ジュポジュポとイヤラシイ音を部屋の中に響かせながら、膣内を優しく、丁寧に犯し続けました。
しばらくして、我慢できずに、膣内に放出しました。
すぐに抜かずに、膣内に肉棒を差したまま、回復を待ち、抜かずの2回戦。笑
再度、中出しを満喫した後、彼女の乱れた姿を写メに撮り、服を何事も無かったかの様に戻し、一人で店を出ました。笑

ごめんね♪

牝豚共へ…

彼女はまだ処女だった でも肛門から犯すことから始めた 来る日も来る日も アナルセックスを強要した 足を縄で広げさせたまま… 胸はEカップだったが とにかく肛虐した もうなんリットル受精しただろうか…

もう智美の肛門は俺の肉棒サイズになってしまった 度重なる肛虐のなかでも 僕は智美を愛していた… ある日智美を何時もの姿勢 あの下着をつけず両足を極限まで開かせ 固定した姿勢にさせた… またイツモのように入れるのだろうと思ったのだろう 処女のくせに見られるだけで濡れる智美の膣にむけて もう半月も射精していない肉棒をブチコンだ、 彼女はなき叫んだ アナルセックス以上の激痛が智美を襲った シカシぼくは止めなかった そして溜まりにたまった精子を彼女の肉壺の中でぶちまけた… 肉壺から精子が溢れだした そして彼女を妊娠させてやった…

ソレから膣ない射精の連続だった どうやら産まれてくる子は女の子らしい 将来が楽しみだ…

数ヶ月たち 母乳がでるようになった そしてそれをガラスの容器に溜めさせた そして汗腸よう注射に注入した 智美を四んばいにさせ 一気に肛門に注入した 友美はなきさけんだ そして俺の肉棒で栓をしてやった…

智美は涎を垂らしながらのたうちまわった 褒美にクリトリスにクリップをはさんでやった もちろんその横にスイッチのはいったビデオカメラの明かりが不気味に光っていた…

友美は懇願した「 撮らないで!」 智美の肛門には俺の肉棒が根元までぶちこまれていた 子供の性教育にはいい材料だ

もう智美の肛門は俺のサイズになっていた そしておれに突かれながら 乳房には取りつけるように強要した吸引器が虚しく揺れていた

責める方は大概そうだが そういわれると燃えるものだ そして亀頭が見えるまで肉棒を抜いてやった 智美の腸液でギトギトになっていた そしてそのままメリメリっと音を立てまた肛門につき入れた 「あぉぉ」と痙攣しながらよがり声をあげた まだ母乳が腸内にたまっていた クックックッ 凄い圧迫感だ

もうどれだけ責め続けただろうか… もう限界だ なにも言わずに智美の肛門に俺の精液をぶちまけてやった… 肉棒を抜いた瞬間 肛門注入した母乳と精液が吹きだした 綺麗だよ…智美…

子供の名前は舞にした タップリ愛情をそそぐとしよう…

変態におちていく

一人暮し沙奈の一日は学校でオナニーをすること家では全裸でいるの友達はそんな沙奈をしらなかったの

沙奈はいつもどうり学校にいったのそして放課後教室で下着を脱いでオナニーをしてたの

そのときたまたまいた男子2名に発見されフェラをさせられたの精液をのまされたの

男子は沙奈を裸にしたのそしておまんこにいれてきたの写真にとられながらね中出しはなかったけど沙奈の頭からおしっこをかけてきた沙奈の机のなかにもバックのなかにもいっぱいアナルもおかされたの約二時間くらいだった沙奈の下着はもってがれたの写真でおどされたりしたの

沙奈はおしっこまみれの制服でかえったの臭くなっていたのまだ悪夢の序章だったの

沙奈はあまり友達がいないでもあれからなぜかいっぱいできたその友達とプールにいったときだった友達は沙奈にバックをかしてといってきたの沙奈は服をいれたままわたしたのしたぎもねそしておよぎにいったの沙奈が泳いでるとき沙奈の友達がプールのなかで水着をぬがそうとするの沙奈がやめてといったらはさみで水着の紐きられちゃったおちる水着をおさえながら更衣室へいったのでも沙奈のバックはなかった友達がもどってきて沙奈にバックをわたしたのなぜか重くなってたから不思議だった

沙奈はいそいでバックをあけたのなかには大量のうんちがはいってたの沙奈の服はうんちまみれとてもきれないの友達は沙奈におしっこをかけてきたの沙奈から水着をとって全裸にしたのそしてゴム手袋をしてうんちをつにとり沙奈のからだになすりつけてきたの沙奈はなにもいえなかった沙奈はどんどんよごれていったのそしてうんちまみれの服を沙奈にきせてそこにおしっこをなみなみとかけられたのそれからトイレにつれていって写真をとったのさらに便器をなめさせられたいぬのようにね

うんちまみれの沙奈はそのまま家にかえらされたのでも友達もいっしょにきちゃったそして沙奈を裸にしたの。沙奈をベットにねかせて沙奈にたいりょうのうんちを直接かけてきたの

奴隷生活。

私のご主人様は会社の社長さんです。
仕事中にバイブをおまんこに入れていたのがバレて今の関係になりました。
ご主人様はハードな調教が好きで私が気絶するまでプレイを続けます。
でも会社でお世話になっているので断ることも出来ず、苦痛に耐えています。

特にご主人様は蝋燭が好きだそうで。
調教初日、しかも一番始めに蝋燭を体中にかけられました。
後ろ手に縛られ、足はΜ字、痛いくらいにきつく縛りおまんこは丸見えでした。
普通の熱い蝋燭を乳首に数滴たらしました。すごく近距離でたらしてきたので熱くて『ギャ~ィャ~ゃめでぇ~』と奇声に近い声を発してしまいました。
それでご主人様に火が付いたらしくお腹、太ももなど色々な所に大量にかけてきました。
私は『お願いですからおまんこにだけは…』
言い切る前にクリトリス目がけて熱い蝋燭が落ちてきました。悲鳴と奇声の混じり合った声にご主人様はひどく喜んでいました。その後もおまんこを蝋燭で覆うように大量にかけ、ご主人様は満足のご様子でした。

次にご主人様は体中に付いた蝋燭を落とそうと道具を用意していました。
ご主人様が取り出したのは鞭。まさかと思いきや、私の体目がけて振り落としてきました。確かに蝋燭は剥がれ落ちていきますが痛くて、体には鞭の跡が付いていました。乳首ゃお腹に付いた蝋燭を落とすと、ゃっぱりおまんこの蝋燭も鞭で落とす準備をしていました。
余計に動くとクリトリスに命中して非常に痛いぞ。と言われ、私は歯を食い縛ってその時を待ちました。いくぞ。と同時に鞭が振り落ろされみごとクリトリスに命中。声にならない声で泣き叫びました。でもご主人様はそれがうれしいらしく何度もクリトリスに鞭を打ちました。
蝋燭が落ちきると、ぐったりしていた私を四つんばいにして、お尻だけ突き出した形のまま縛り、浣腸をしてきました。
後からご主人様に聞いた話だと1、5リットル位入れたと言っていました。

バイブでァナルに栓をされ、ガムテープで抜けないように頑丈にとめられた所で、玄関まで連れていかれました。
おまんこにはすごく太いバイブを入れられ強にセットしたまま、ご主人様はなんと鍵を閉めずに出掛けてしまいました。
こんな姿見られたらどうしよう…。でも動けないし動くとお腹が苦しい。早くご主人様が帰宅するのを待ちました。
間もなくして、誰かが家のドアをノックしました。

ドアが開けられるとそこには会社の上司と同じ事務の女の子がいました。

性処理玩具ひとみ

私が性処理玩具になったのはこのあいだ夜のだれもいない公園のトイレでオナニーをしている所を聞かれたからです。

トイレから出ると高校生くらいの子がニヤニヤして私を見ていました。
やばい、聞かれたかもと思ったのも束の間、あっというまにトイレの中に引きずりこまれはがいじめにされ無理矢理口にくわえさせられました。
その後服を脱がされ写真をとられながらバックから犯されました。
犯されながら私は頭が真っ白になるまで何度もいかされ二人が満足したころには外が少し明るくなってました。

今では写真で脅されながらも二人に犯されるのが日課になりました。
昨日もまだ学校が休みなので、呼び出されホテルに連れていかれました。
目隠しをされ、二本のちんちんをくわえさせられたり、アナルとおまんこに二人で挿入されたりしました。
その日はビデオにとられながら犯されました。

今も二人で体中いじられたりしながらこの文を書かされてます。
昨日の私の痴態を見せられながら・・・いやなはずなのに感じている私が映ってます。
おまんこにちんちんいれられたり、喜んでしゃぶってたりしている私が映ってます。
高校生に毎日犯されて喜んでる変態なひとみはちんぽなしではもう生きられないです。

かずみ

三人の高校生に痴漢にあいました、一人に口を塞がれて胸を激しく揉まれ、もう一人は両手をつかみお尻を撫でてきて、もう一人はクリと膣を攻めてきました。

私はすぐにいってしまいました、力が抜けたところでロ-タ-を膣とアナルにいれられてから、鍵付きの貞操帯をつけられてしまいました。

(次の駅でおりようか)と、目の前にリモコンを見せて言われて、黙って従いました。

駅をおりると、トイレに連れ込まれて、フェラを強要されました、頭を押さえられて腰を振り、私の口に三人は精液を吐き出しました、その後に上着と上下の下着と鞄を取り上げられました。

ホテルに連れ込まれる前に一人がコンビニに入りました、ホテルまでの間ロ-タ-は動いたままです、
ホテルに着くと、全裸になるように命令されて全裸になりました、一人が私の鞄をあけて、携帯と運転免許を取り出し、(お姉さんかずみていうんだ、これからは精処理になってもらう)と言われ、携帯番号と免許の住所等を紙にひかえられてしまいました。

彼らは、コンビニで買った荷造りの紐で後ろ手に縛り、タオルで目隠しして、椅子にM字開脚の格好に縛りつけました
貞操帯を外して、使い捨てカメラで撮影を始めました。

指でオマンコを拡げたりして、撮影してます
スプレ-を駈けて(動くなよ、マンコの毛を剃るからな)
私はヤメテ・ヤメテと泣くしかありませんでした。

綺麗に剃られた後…クリをロ-ターで責められました…イキそうになると止めると…焦らされ続けて…30分位は続きました…(なんでもしますいかせて…)とお願いしました…。

彼らは(牝奴隷になると誓え、誓うならいかせてやる)と言ってきました…
私は限界でした…
(命令に従います…私を好きにしていいです…貴方達の牝奴隷になる事を誓います)と叫びました
一気にオマンコに突き入れてきました…そして激しく突かれて、私はすぐにイッテしまいました…。

(よし出すぞ!)
えっ?一瞬わかりませんでした…
キスで口をふさぎ、抱きついて体ももがけないまま、オマンコの奥が熱くなり…子宮に精液があたるのがわかりました…そしてだらしなく開き…精液を垂れ流してるオマンコを撮影するカメラの音だけが聞こえました…。

椅子に縛りつけらてる脚の紐をほどき…四つん這いにされました…
喉奥まで咥えさせられ…
後ろから激しく突き上げられました…お尻も叩かれながら乳首を抓れて…
奥まで突きいれると中に射精してきました…
フェラをさせてた彼が、すぐさまオマンコに突き入れて連続で中に射精してきました…。

そしてすぐにマングリ返しの格好にされ…
フランクフルトを挿し込み、中をかき回すようにしてきました…そして本数を増やし、二本のフランクフルトで激しく突かれました…
そして二本とも挿したまま、貞操帯をつけられ鍵をされてしまいました…。

本日のおすすめのエッチな読物サイトPiPi’s World 官能小説

SMものや調教ものや熟女ものなど豊富な官能小説が魅力的です。

妹と友達に

私は22才で、高校3年の妹がいるんです。先日、私が部屋でオナをしているところを見られてしまいました。自分で軽く紐で体を縛って、バイブをアソコとアナルに入れていたんです。そしたら、妹が「お姉ちゃんは、そんなのが好きなんだ?」と言いながら部屋に入ってきたんです。

「そんなのが好きだったら手伝ってあげるから、私に付いてきてよ。」と言われ、なんとなく断ることができずに妹に付いていきました。そこは、妹の友達の家でした。その妹の友達の家は、両親がSMするらしく、ガレージが改造されていました。

ガレージの中に入らされ全裸になるように言われました。私は嫌だといいましたが、妹にビンタされ、驚いてしまい、屈してしまいました。全裸になり、手を後ろで縛られ、口枷と目隠しを付けられ、俯せに寝かされました。

まずは、いきなり俯せで浣腸されました。どれくらい注入されたかわかりませんが、かなりの量を入れられプラグを付けられました。そのうえから、アソコの部分に張り型のついた貞操帯のようなものをつけられ、放置されました。

しばらくは耐えてたのですが、ビチビチとへんな音をたててきました。限界とわかったのか、目隠しと貞操帯とプラグを外された私は皆の目の前で大量に噴出してしまったのです。恥ずかしさのあまり死んでしまいたいくらいでした。

本日のおすすめのエッチな読物サイトZukoZuko官能小説

官能小説やエッチな体験談のレビューや小説サイトのさらなる楽しみ方などを紹介しています。